2008年07月28日

きいろいゾウ

◇「きいろいゾウ」 西加奈子

西さんの文章は、とてもやさしい。
文章の間にも、たくさんのことが詰まっている。

こどもの頃、私は、知っていたのにわざと見なかった
ふりをして、ふたをしていたものが、
次から次へとあふれてきて、私を困らせる。

子どもの頃の私には、きいろいゾウは必要なかった。

だって、いつも夢の中で父の大きなこうもり傘で
大空を飛んでいたから。
家の中で一番太くで、一番ちから強くて、家族全員を
守ってくれた、父のこうもり傘で
空高く、大きな山もふたつもみっつも越えられたから。

いつからだろう。
空を飛ぶ夢を見なくなったのは。

まだ、子どもだった私たちを残して、
こんどは本当に父があの、遠い空のかなたに飛んでいってから?

「あなたの幸せは、終わったのよ。
 お父さんが遠い空の上に飛んでいってしまったから。」

って、自分に向かって意地悪く言う自分の姿。

きいろいゾウは、知っていたんだろうな。
きっと、全部知っていたんだろうな。

きいろいゾウ。金色のゾウ。

今、私は、とっても幸せだよ。
あの、意地悪な私に教えてあげたら、
優しくふっとほほえんだ。

きいろいゾウを読んでいたら、
こんなことを全部思い出して、止まらない位に思い出して、
やっと、ひとつのことに区切りがついたような気がして、
すっきりしたよ。
こんなに、長い長い時間がかかったけどね。

子どもと大人の境目って、どこなんだろう。
お酒が飲めるようになったからとか、
自分で稼げるようになったとか、
子どもを産んだとかじゃなくて、
立場上大人の自分のなかにも、
子どもの自分が混在していることなのかな。

posted by ふうたんかあちゃん at 17:53| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 本の宝箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
きいろいゾウ ですか。
ステキなお話のようですね。
ふうたんさんの心を軽くすることが出来て、本の力は限り無く色んな人に「心」を運んでくれますね。自分を見つける事の出来る本に出会え良かったですね。
子供と大人・・・この境目を明確に知る事は・・たぶん、無いでしょう。
いい歳をしていてもまだまだ子供?
いえいえ、そう言って自分を甘やかしている私です。
Posted by ムクムク at 2008年07月28日 22:29
ムクムクさん、こんにちは。
本って、不思議ですよね。
読む人によって、受け取り方もぜんぜん違うと思いますし、
素敵なプレゼントをもらったりします。
現実から、遠いところまで旅をさせてもらったりすると、
ストレスの解消になります。

子どもと大人の境目って、あるんでしょうか。
ちょうど長男が中学生で、子どもと大人の境目を
ふ〜ら、ふ〜らしています。

義母は80歳を越えていますが、かわいいお嬢さんみたいで、
とっても素敵なおばあちゃんです。
ずっと、ずっと歳をとっても、子どもの頃のピュアな心を
忘れずに大切にしている人が、大人なんじゃないでしょうか。
Posted by ふうたん at 2008年07月29日 09:55
こんばんは。
ワタクシも子供の頃はきいろいゾウが必要ではなかったです。
むしろ今の方がきいろいゾウさんに出てきていただきたい…?(ばか)

ふうたんかぁちゃんさんのお父さんは立派な方だったんですね。
ワタクシも傘で山を飛び越えてみたかったです!
Posted by MOW at 2008年07月29日 20:48
MOWさん、こんにちは。
おはずかしい。これって、ただのファザコンですよね。
まあ、あの頃の私がいなかったら、今の私には
なっていなかったと思うんです。

でも、大人になってもあの頃のように、空を飛ぶ夢って
見たいと思います。
だって、すごく気持ちよかったんですもの。
今は、寝たと思った瞬間に朝になってる状態です。

いっそ、きいろいゾウさんに来ていただいて、
MOWさん拾って、私もついでに乗っけてって
もらいたいなぁ。

トラックバック、ありがとうございます。
重ね重ね、勘違いおばかさんふうたんでした。
Posted by ふうたん at 2008年07月30日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103755322

この記事へのトラックバック

『きいろいゾウ』西加奈子
Excerpt: ♪♪ #kbbさんが『さくら』を大好きになってくれて、 嬉しくてありがとうで印象が深まった西さん。 この気持ちが変わらないうちに他の作品も読んでみなくちゃ。 さくらは犬だったから、今度はゾウにしまし..
Weblog: M's BOOKcaSe
Tracked: 2008-07-29 20:42
カテゴリ
プロフィール
一言:子どもは、高校1年生の息子、小学6年生の娘、小学3年生の次男の3人です。
長男が陸上をやっている影響か、娘は中学生になったら陸上部に入りたいそうです。
私は、去年から太極拳とお習字を始めました。本を読むのが大好きで、時間を見つけては図書館に本を借りに行っています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。