2009年01月28日

「ただ マイヨ・ジョーヌのためでなく」




◇「ただ マイヨ・ジョーヌのためでなく」 ランス・アームストロング

 ランスは25歳で睾丸癌を発病した。
受診した時には、あちこちに転移した状態で生存率3%。
しかし、苦しい闘病生活を経て再び自転車に乗ることを決意する。

ある日、ランスは病気を克服した後のトレーニングの時、
ホイールを激しく回転させて坂道を登っていた。

 『上り続けている間に、僕には自分の人生全体が見えた。 
  僕のこれまでの生きざまと、僕に与えられている賜物、
  そしてその目的も。それは単純なことだった。
  「僕の人生は、長くつらい上り坂を上るためにある」』

 マイヨ・ジョーヌ(黄色いジャージ)は、ツール・ド・フランスの
そのステージまでで、総合タイムが1番早い選手が着ることができる
名誉あるジャージである。
ランスは、さらに7連覇の偉業を達成する。

ランスはこう言っている。
「もし、癌のような苦痛に満ちた体験に目的があるなら、
 それは僕達を向上させるためなのだ。」と。
ランスの作った癌(CANCER)の頭文字で作った標語。

 ・勇気
 ・心構え
 ・あきらめない
 ・治癒は可能
 ・知識を深める
 ・仲間の患者を忘れない

 どんな状況になってもあきらめなかったランス。
病気を克服した後、再発を恐れる日々が闘病中よりつらかったと語る。

癌という暗いテーマだけど、なんだか勇気と元気がでる一冊。
posted by ふうたんかあちゃん at 11:22| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の宝箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ!
以前強くすすめられたのですが、読んでなくて、文庫になった際に購入して、そのまま読まずに「つんどく」になっている本です!

読んでみます!
(…なんですが、ちょうど仕事関係の本をたくさん読まなければならない時期に入ります…。だいじょうぶかなぁ)
Posted by まろ at 2009年01月28日 21:49
まろさん、こんにちは。
「つんどく」って、どくしょの一種なんですね。ふふふ・・。
私も、「つんどく」いっぱいありますよ。
ブックオフで、とりあえず買っちゃったとかが多いかな。
やっぱり、図書館で借りたのは返却期限があるから
先に読みます。(読まないで返したのもいっぱいあります。)

この本は、よかったですよ。
人間って、まだまだすごい力を隠してるみたい。
でも、仕事も頑張ってくださいね。
Posted by ふうたん at 2009年01月30日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113287388

この記事へのトラックバック
カテゴリ
プロフィール
一言:子どもは、高校1年生の息子、小学6年生の娘、小学3年生の次男の3人です。
長男が陸上をやっている影響か、娘は中学生になったら陸上部に入りたいそうです。
私は、去年から太極拳とお習字を始めました。本を読むのが大好きで、時間を見つけては図書館に本を借りに行っています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。