2010年11月21日

台湾

台湾って、どんなところ?
どんな人が住んでいるの?っていう疑問に、相当ちかいところで答えてくれるのがこの本。
ふつうの観光ガイドブックとちがって、そこの路地裏のとびきりゴキゲンなお店とか、
おいちゃんの作る美味しい屋台とかを紹介しています。

台湾 ニイハオノート [単行本] / 青木 由香 (著); ジェイティビィパブリッシング (刊)

台湾 ニイハオノート [単行本] / 青木 由香 (著); ジェイティビィパブリッシング (刊)

ちょっと勇気をだして入ったところが、とっても香り高いお茶のお店だったり、
一見すると何屋さんかわからないお店とかが盛りだくさん。

好好台湾 (MARBLE BOOKS) [単行本] / 青木 由香 (著); メディア・パル (刊)

好好台湾 (MARBLE BOOKS) [単行本] / 青木 由香 (著); メディア・パル (刊)

二冊目も勢いをまして、青木パワー炸裂といった感じです。
毎年のように台湾に帰省していましたが、まだまだ甘ちょんだった私。
言葉が通じなくても、おなじ人間同士なんとかなっちゃう。
ましてやおせっかいで、気のいい台湾のおっちゃん、おばちゃん達に
またふれあいたいなーと思うのです。

娘のブログ『さらさらさくら』が半年ぶりに更新されたみたいです(笑)。
よかったら見てください♪
posted by ふうたんかあちゃん at 08:43| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 好台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外に田舎があってうらやましい。
知らない土地に知ってる人が居れば安心できるよね。
「地球の歩き方」とか読んでも有名な場所とか、
大した事無くてもスポンサーなのか宣伝のために書いてあったり
真実を伝えた本って無いですよね。
「危険!ココには近づくな」とか
「この店、ゲロまず〜二度と行かねぇ」とか
「この本に載ってない店なら大丈夫」とか
真実を伝えた本が読みたいねぇ〜(笑)
ふうたん・・・台湾ミシュランでも書いていただけません?
台湾のお母さんに教わって、豚の顔の調理法とか・・・
Posted by W@n at 2010年11月21日 19:37
行った事のないところって興味ありますね。
いろんな風習や、えっ?て思う事や、それらが面白いですね。
そして、いっぱい知ると、もっと面白いんですよね。

「さらさらさくら」みてきましたよ〜
おでん、私はコンニャクが好きです・・・とお嬢様にお伝えください(笑)
Posted by ムクムク at 2010年11月23日 22:01
W@nさん
『ふうたん台湾ミシュラン』いいですねぇ。
実際、日本のガイドブックに載っているお店にはほとんど行ったことがありません。
ショーロンポウのティンタイフォンくらいかな。
台湾の旨いものは屋台にあります。
めちゃウマ台湾バナナはあそこの屋台、中華風おこわはあのおばちゃんの屋台、
といった感じで買い物しています。
ほとんど市場に集中していますけど。
ただ、衛生面で神経質な人にはちょっと・・です。
ウサギくらいのでっかいねずみが真っ昼間から暗がりを横切っていったのを、
わたしは見ていた!!
人間も動物も飽食絶倒の台湾です♪
Posted by ふうたん at 2010年11月26日 09:38
ムクムクさん
昨日から主人が台湾に帰省中です。
羽田からの便ができたので、こちらからだとものすごく便利になりました。
しかも、羽田便は台湾の市内にある空港に着くので、あちらでも便利です。
朝9時前に出発して、午後3時には実家に到着していたようです。
(しかもあっちは時差1時間なので、まだ午後2時!!!)
夢みたいです。

娘のブログ見てくださったんですね♪
ありがとうございます。
毎日忙しいみたいで、なかなか更新できませんけどよろしくお願いします。
Posted by ふうたん at 2010年11月26日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170122200

この記事へのトラックバック
カテゴリ
プロフィール
一言:子どもは、高校1年生の息子、小学6年生の娘、小学3年生の次男の3人です。
長男が陸上をやっている影響か、娘は中学生になったら陸上部に入りたいそうです。
私は、去年から太極拳とお習字を始めました。本を読むのが大好きで、時間を見つけては図書館に本を借りに行っています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。