2008年04月30日

生魚片(さしみ)

 最近、台湾のスーパーやレストランでは、鮨や、刺身も割と
メジャーになってきました。
お鮨もスーパーの食料品売り場でバイキングになっていたりします。
乗っかっているものが、フルーツだったりしてありえない感
ぬぐえませんが・・・
 さて、刺身ですが台湾では、生魚片と書きます。
この生魚片、一切れがく大きい!!普通の刺身の約4倍。
そして、付け合せの緑色の物体は、おにぎり大のわさびです。
なぜ、おにぎりわさびがおいてあるかというと、台湾の人の
わさびを使う量がハンパじゃないっ。
まず、小皿にちょこっとお醤油をたらします。そして、おにぎりわさび
のわさびを、ドバーッと入れます。それを箸でぐるぐるぐるかき回し
ます。
すると、あれ不思議〜、わさびペーストの出来上がり。
このわさびペーストで生魚片を”洗って”食べるのだそうです。
どうやら、わさびで殺菌しているようなことを言っていました。
台湾の生魚片は、わさびペーストで洗って食べるべし。
posted by ふうたんかあちゃん at 14:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
プロフィール
一言:子どもは、高校1年生の息子、小学6年生の娘、小学3年生の次男の3人です。
長男が陸上をやっている影響か、娘は中学生になったら陸上部に入りたいそうです。
私は、去年から太極拳とお習字を始めました。本を読むのが大好きで、時間を見つけては図書館に本を借りに行っています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。